生活・移民

What attracts people to Australia

オーストラリアには、ユニークな野生生物が生息し、壮大な景観を持つ世界で最も個性的で多様な自然が広がっています。オーストラリアの植物や動物に近づけるエリアで、広いオープンスペースを探索し、近代的な都市と古くからある森などを発見することができます。雪に覆われた山を登り、美しい海で泳ぐこともできます。5万キロのも続く美しい海岸線、美しいビーチのある島々、楽しめる場所は尽きません。世界遺産に登録されている国立公園から他に誰もいない熱帯雨林やビーチなど、どこで過ごしてもオーストラリアになぜ来たかすぐにわかるでしょう。

オーストラリアではほとんどの間暖かい天気を体験できますが、大陸の大きさのため気候は様々です。北部の州では1年中暖かいです。南の州では冬は少し寒くなることもあります。オーストラリアはとても暖かいですが、世界的にもかなり乾燥した場所と知られ、1年の降雨量は600ミリ以下だといわれます。南半球のすべての国と同様に、オーストラリアの季節は北半球のものと逆になっているので、日本が夏に、オーストラリアは冬。日本の冬では、オーストラリアは夏になります。

オーストラリア文化の成り立ちは、兵士、ブッシュレンジャー(無法者)、勇敢な戦士たちの話は欠かせません。労働階級の英雄や気骨ある移民たちによって築かれ、公正さ、大自然、そして、いくばくかの皮肉がこめられています。今日では、オーストラリアの文化は、先住民アボリジニの文化遺産、躍動感あふれる多民族文化や革新的思考、盛んなアートシーンでも知られています。

多文化な国として知られるオーストラリアでは20パーセント以上の人がオーストラリア以外で生まれ、40パーセント以上がいろんな国とのミックスです。

2014年12月にオーストラリア準備銀行(RBA)によって発表された分析とモデリングに基づいて、鉱業ブームがオーストラリア経済に多大なる影響を与えた発表されました。 RBAによると、鉱業ブームによって、数十年前から2013年までに13%以上も、実際の一人当たりの所得を押し上げていると推定されます。賃金、雇用、消費、建設に大きな影響を残しました。オーストラリア経済の改善に加えて、雇用機会が増えました。オーストラリア政府は、外国からの投資を歓迎しています。投資家は、農業や食材、インフラ、環濠業界、資源やエネルギー、製造業やテクノロジーの5つの分野が成長していくと通知されています。仕事探しにおいても、たくさんのウェブサイトがあります。SeekやCareer One, Indeedと呼ばれる求人サイトがあります。他にもGumtreeや日本の情報サイト、日豪プレスやDengon Net(Melbourne限定)などでも日本人向けの仕事求人サイトを利用して仕事探しもできます。

http://www.myfuture.edu.au/explore-careers/find-out-about-industries/latest-labour-market-information?Level=3&EDID=20604

社会保障は、オーストラリア政府が個人に支払う生活保護費を指す言葉です。オーストラリアではオーストラリア人と永住権を持つ人だけが生活保護を受けることができます。社会保障法と学生援助法の下で作られたい支払額は以下のとおりです。

・ABSTUDY – オーストラリアの学生や新実習生を支援するための引当金の範囲。

・年金 – 退職後のことを考えている人々のため、またはすでに65歳で退職している人に向けて。

・Austudy支払 – フルタイムの学生と25歳以上の実習生に向けて。

・介護者手当 – 障害を持つ16、17歳までの未成年者を世話する18歳以上の人々に向けて。

・介護者支払- 障害を持つ人にフルタイムのケアをする人々に向けて。

・妊婦支払 – 赤ちゃんの生後の費用に向けて援助。

・仕事始め手当 – 雇用を探している人々に向けて。。

・子育て手当 – 6歳までの子を持つ親や保護者、または8歳までの子をもつシングルマザーやシングルファーザーに向けて。

・特別給付 -自分自身をサポートする方法がない経済的困難にある人々(住民権が必要)

・青年手当 – 15歳から24歳のフルタイムの学生や実習生、または21歳以下の無職の人や認められた活動を行っている人々に向けて。

詳細は、センターリンクのウェブサイトをご覧ください。

Australia Land Down Under

オーストラリアは、オーストラリア本土、タスマニア島、および多数の小さな島々からなるオセアニア大陸です。総面積で世界第六位の国です。近隣国はインドネシア、東ティモールやパプアニューギニアが北にあり、北東にソロモン諸島、バヌアツ、そして、南東にニュージーランドがあります。

オーストラリアは世界第12位の経済大国であり世界で最も裕福な先進国の一つです。2012年にオーストラリアは一人当たりの収入で世界第5位でした。オーストラリアは、このような生活の質、健康、教育、経済的自由と市民的自由と政治的権利の保護などの国家の性能の多くの国際比較で上位にランクインしています。